Momo's コーヒー

この美声、永遠に止めません~

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

祝!第12回日刊スポーツドラマグランプリ「主演男優賞・大野智(魔王)」

大野智主演男優賞日刊ドラマGP
第12回日刊スポーツ・ドラマグランプリ受賞者発表>

2008年度(08年4月~09年3月)に放送されたドラマから優秀作品、俳優を選ぶ「第12回日刊スポーツ・ドラマグランプリ」の各賞受賞者を27日から発表します。トップバッターの主演男優賞は、TBS系「魔王」でのリーダー、大野智(28)が初受賞しました。連続ドラマのレギュラー出演が初めてで、もちろん初主演。復讐(ふくしゅう)に燃える孤独な男をクールに演じ切りました。
 孤独な復讐鬼、成瀬領を演じ切った大野が涙を流したのは、たった1人での自宅だった。
 大野泣くなら、クランクアップや打ち上げのときかと思ってたんですよ。それが、すべての撮影を終えた日の朝4時ごろだったと思います。帰ってきた自分の部屋で、自然と涙が出てきちゃいました。
 孤独な弁護士役で、1人での撮影が多かった。役づくりのために、撮影の合間も極力1人でいることにこだわった。「終わったことへの安心感や、周囲の人への感謝とか、いろんな感情が重なっての涙かなと。それにしても、最後の最後まで1人でしたね…」。
 連続ドラマレギュラーが初めてで、いきなりの主演。しかも、感情を押し殺して演じるサスペンスでの悪役だった。「最初はエーッ、オレが連ドラ? ってびっくり。しかも、11年も復讐を計画していた役。日常生活で復讐なんて練らないんだから、役づくりにも11年くれよ~って感じでした」。
 撮影に入ってからも苦しい毎日だった。舞台経験は豊富でも「舞台と違って、ドラマは脚本の順番通りじゃなくバラバラに撮る。慣れないことでした」。撮影のリズムすらつかめないのだから、役に没頭するしかない。結果的にどんどん孤独を極めたという。「一日中、赤い暗室で1人だけのシーンを撮って、家に帰っても独りぼっち。もう、狂いそうでした」。
 その上、夏のコンサート、24時間テレビの司会、何本ものバラエティー番組と、の仕事も山積みで、デビュー以来最も多忙な時期だった。「当時のことを、あんまり覚えてないんです」。ただ、主人公が徐々に感情をあらわにしていく後半は、くしくも追い込まれた大野自身の心情を、リンクさせることができた。「役柄同様に、自分の役も相手の(生田)斗真の演技すらも、手の中で動いてるって実感することができた」。ドラマの現場に慣れない当初は、泣くシーンで涙が流せなかった大野が、100%成瀬領に染まっていく…。最終話の生田とのラストシーンは、感情をぶつけあい、涙があふれ出したことで、名シーンに仕上がった。「あのときはもう斗真の顔以外は、視界に入っていませんでした」。
 無我夢中だった日々と、でき上がった作品を今、あらためて振り返る。「不思議ですよね。1年前はこんな状況を想像できなかった。いい経験ができて、多くの人に出会えて、僕の中の宝物が増えました。終わった後に斗真とも電話で話したんですけど、やってよかった。うん、とても満足してます」。【瀬津真也】
 ◆大野智(おおの·さとし) 1980年(昭55)11月26日、東京都生まれ。99年(平11)にのメンバーとしてシングル「A・RA・SHI」でCDデビュー。今年1~3月は、テレビ朝日系「歌のおにいさん」にも主演し、演じる矢野健太として歌う主題歌「曇りのち、快晴」が初のソロ曲となった。絵画、オブジェ、写真などで個展を開くなど、芸術センスも光る。166センチ。血液型A。

消息來源:日刊スポーツ


自譯(歡迎指錯^__^):


大野智主演男優賞日刊ドラマGP
第12回日刊スポーツ・ドラマグランプリ受賞者発表>


2008年度(08年4月~09年3月)已放送電視劇中甄選出的「第12回日刊體育・最高獎」優秀作品、演員各位獲獎者從27日起開始發表。最佳男主角為在TBS電視臺「魔王」中出演的的隊長大野智(28歲),這是他的首次獲獎。首次正式出演連續劇,當然也是首次主演。飾演了沈溺於復仇之中的孤獨男子。
演繹了孤獨的復仇之鬼成領的大野,曾在獨自一人的家中流淚。
大野哭的話,應該是在攝影完畢或者是拍攝完畢之後。那是在所有拍攝都結束的那天早晨4點左右。回到了自己的房間,很自然地眼淚就留出來了。
孤獨的律師角色,獨自一人的拍攝非常多。為了創作角色的需要,在拍攝期間也極力讓自己一人獨處。「終於結束的安心感、對周圍的人的感謝、各種各樣的情感疊加在一起而流淚。即使到了最後的最後也還是一個人呢…」。
第一次正式出演連續劇,突然就是主演。而且是壓抑感情讓人緊張不安的反面人物。「最初是“誒、我演連續劇?”這樣很吃驚的感覺。而且是計劃了11年復仇的角色。因為日常生活裏不能體會復仇所以演的角色裏就給了11年~這樣的感覺」。
進入攝影階段每一天都很辛苦。即使舞臺經驗豐富,「和舞臺劇不一樣,電視劇並不是像劇本那樣按照順序而是比較淩亂的拍攝的。不習慣啊。」因為連拍攝的節奏都把握不了,只能埋頭於角色之中了。結果就變得非常孤獨。「一整天在紅色的暗室裏拍攝一個人的鏡頭,回到家了也是一個人。已經快要不正常了。」
而且,夏季演唱會、24小時節目的主持、幾個即興節目(大約就是説宿題、秘密和VS吧~)的工作也是堆積如山,那是出道以來最忙碌的時期了。「當時的事情都不太記得了」。但是,主人公慢慢顯露感情的後半段,意外的擠進了大野的內心成為了特別的鏈接(特別之處吧?)。「和角色身份一樣,無論是我的角色也好甚至連對手(生田)斗真的表演也好,漸漸有了掌握於手中的實感了」。當初不適應連續劇拍攝現場,流淚鏡頭中卻無法流淚的大野,已經100%變成成領了。最終回裏和生田的最後鏡頭,因感情激蕩迸發而流淚,已經成為名場面了。「那個時候除了斗真的臉以外我眼裏已經沒有看不見其他任何東西了」。(淚…..看到這個我快哭了啦…..)
現在重新回顧那些忘我拼命地每一天和已完成的作品。「不可思議呢。一年前的話真不能想象這樣的狀況。獲得了好的經驗、遇見了很多人,我內在的寶物也加了(自身的內在也充實了不少)。結束之後和斗真通電話時聊過,拍了「魔王」真好!恩~非常滿足」。[瀬津真也(記者名)]

大野智 1980年(昭和55年)11月26日出生於東京都。1999年(平成11年)用的成員身份以單曲「A・RA・SHI」發售CD出道。今年1~3月朝日電視臺「唱歌的哥哥」中也擔綱主演,以角色矢野健太演唱的主題歌「陰轉晴」作為了首次SOLO曲。以繪畫、粘土(オブジェ的原意是“先鋒派藝術的對象物體”,就是個展上那些粘土小人頭了~)、攝影等舉辦了個人展覽等,藝術感受力也很出類拔萃。166CM(其實哪兒有啊@_@)。血型A。

以下是個人的HC..

第一句:おめでとうございます!!

翻譯完了..意外的蠻快的
我的心情:恩~非常滿足!我也給投票了的説哈哈~
真的是很棒呢!!!果然得第一啦我在投票的時候還很糾結了一下呢..
因為只有一票~也想給歌哥的説~但是最後還是成大人占了上風

看到小大居然在自己房間裏哭起來~還真是挺難受的呢~陷進角色裏出不來了吧那會兒..再加上工作又很忙..(還不能去釣魚)
不過看到最後小大説「那個時候除了斗真的臉以外我眼裏已經沒有其他任何東西了」我又忍不住モエ~~!!起來哈哈

日刊的這個獎項每天公布一個...剩下就是關註看「魔王」啦>__<

最後期待能快點再快點看到小大的新作啦..PS.我對於小大2000年參與的瀧澤主演的日本臺的「SPEED STAR」非常非常的糾結~快點快點有新作..

Comment

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

Trackback

http://wxmf.blog10.fc2.com/tb.php/766-f9b630b2

 | HOME | 

プロフィール

Momo


最近の記事


最近のコメント


月別アーカイブ


カテゴリー


リンク

このブログをリンクに追加する

曇りのち、快晴

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
无标题文档